Icon
Logo Image

FAQS : よくある質問

一般的なご質問

LIQUIPROOFが誕生した理由は?

創業者であるCaner Veliは、毎日の生活でお気に入りのシューズがすぐに汚れてだめになり、市販の撥水スプレーを試しても思うような効果が得られないことに不満を持っていました。同じような思いを持つ方もたくさんいるはずだと思った彼は、その問題を解決するために自ら理想的な撥水効果が得られる製品の開発を行うことにした、というのがLIQUIPROOF誕生の理由です。

50mlのLIQUIPROOFプロテクターでシューズ何足分の撥水処理が可能?

塗布対象の素材がもつ吸水性の度合いにもよりますが、LIQUIPROOFが推奨する一般的な分量としては50mlのLIQUIPROOF製品1本で26センチサイズのシューズ2足(2ペア)分、ショートブーツでは1足(1ペア)分を目安としてください。

LIQUIPROOFプロテクターはどういったシューズや素材に使用できる?

それぞれの製品詳細ページに推奨する対象品を記載していますので、お手数ですがそちらをご覧ください。また、記載のない対象品につきましてはお手数ですがお問合わせフォームよりご相談ください。

LIQUIPROOFプロテクターの撥水効果はどの程度続く?

効果そのものは理論上半永久的ですが、様々な条件下でその効果が減少してしまうため、具体的な期間までは申し上げることが出来ません。撥水効果を長く持続させるために、定期的に表面をきれいな水ですすぎ、余分な汚れなどは細かいブラシで取り除いたあとできれいな布で仕上げのふき取りをすることを推奨しています。

塗布後、シューズや素材の見え方や使い心地は変わってしまう?

LIQUIPROOF製品は透明ですので、塗布後に見え方や使い心地が変化することはありません。ご心配の際は、本使用の前に一度目立たない箇所などで試用されることをおすすめします。(起毛系レザーは素材の特徴から濡れると色味が強くなることがありますが、乾燥ならびにブラッシングにより解消することができます)

2種類あるLIQUIPROOFプロテクターの違いは何?

塗布する対象素材が異なります。ファブリック/スエードレザー/ヌバックレザー/シープスキンレザー等起毛系とスムース(フルグレイン)レザー系で区別しています。なお、パテントレザー(エナメルレザー)は対象外ですのでご注意ください。

LIQUIPROOFと他メーカーの撥水スプレーの違いは何?

現在、市販されているほとんどの撥水スプレーは3週間程度その効果が持続するのに対して、LIQUIPROOFは塗布対象となる個々の繊維と結合するナノテクノロジーを採用していますので、長期間その効果を持続させることができる、というのが大きな違いです。
また、環境に対するアプローチも異なります。LIQUIPROOFの撥水製品は無害・非可燃性・非エアロゾルと環境に対して出来る限り配慮しています。

使用方法に関するご質問

それぞれのLIQUIPROOF製品はどうやって使うの?

ご使用方法につきましては、お手数ですが「使用方法」ページより各製品個別にご確認ください。塗布が不完全なままですと撥水効果も不十分となりますので、ぜひ一度ご覧いただけたらと思います。また、本使用に際して目立たない場所などでの試用もあわせておすすめいたします。

LIQUIPROOF製品使用後のアフターケアは?

対象品によって、下記のようなアフターケアがおすすめです。

(シューズ・ブーツ等履物全般)

汚れがついてしまったら、なるべく早くきれいな水で洗い流し、ブラッシングのあとできれいな布で仕上げのふき取りをしてください。撥水効果を持続させるためにも、他メーカーの撥水スプレーの上塗りはおすすめできません。

(衣服・室内装飾品・カーペットなど)

簡単なクリーニングとしては水ですすぐだけで十分です。汚れが乾燥または凝固してしまっている際は、中性洗剤と水を用いて手洗いしてください(最終的に洗った部分が完全にすすがれて乾ききっていることを確認してください)。その上で、改めてLIQUIPROOFを再塗布することをおすすめします。

LIQUIPROOFを塗布したのに、保護効果が弱くなりました。なぜ?

LIQUIPROOF撥水スプレーの効果は、清潔で未処理の対象品表面に対して効果を発揮しますので、予め表面が汚れていたり、または埃っぽかったりした場合は適切な効果が得られなくなります。また、塗布前に強力な洗剤などを使用している場合も同様に、LIQUIPROOFの効果が低下します。

LIQUIPROOF製品に関するご質問

LIQUIPROOFは対象物に対してどのように作用するの?

LIQUIPROOFの撥水スプレーは、ナノテクノロジーの革新的機能を活用して、目に見えない疎油性の膜を対象品の表面に創出させることで撥水作用を生じさせます。

接着剤や樹脂を使っていないのにどうやって付着させているの?

LIQUIPROOFの成分はSiO2粒子をナノメートルレベル(人間の毛髪の1/500の薄さ)で対象物表面の繊維に個々に結合することで接着されます。簡単に言えば、ものすごく小さな粒子によって水と油が触れることができない位に薄い障壁を作り上げることで、撥水作用を作り上げています。

LIQUIPROOFプロテクターはどういった素材から出来ているの?

LIQUIPROOFは純粋で単体子である二酸化ケイ素(SiO2)を含んでいます。二酸化ケイ素は分子形態であり、製品の液体中に保持されているので塗布後に撥水作用を生じさせる膜ができるまで24時間かかります。二酸化ケイ素は完全な不活性、人体に無害、難消化性で毒性はありません。アレルギーを生じさせることもないですし、環境やさしい物質です。二酸化ケイ素そのものは自然界において、地上で最も豊富に存在する石英(クオーツ)の一種として一般的に見られるものです。